メンズ

育毛サプリメントでフサフサ髪に変身!頭皮環境のコンディション

病院で処方される治療薬

考える男の人

アメリカで作られた薬です

大阪のAGA治療を行っているクリニックでは、プロペシアの処方を受けることができます。男性ホルモンの影響を受けて薄毛になってしまう症状をAGAといい、男性特有の薄毛の原因となります。薄毛AGAによって発症しているときには、大阪のクリニックでプロペシアの処方を受けることで治療が可能です。プロペシアはアメリカの医薬品メーカーが開発した治療薬で、FDAの承認を受けており、日本では厚生労働省の認可を受けていることで高い効果が得られることが証明されていす。飲む育毛剤とも呼ばれており、ヘアサイクルを乱す原因とされているDHTの生成を抑制させる効果があります。プロペシアを飲むAGA治療の場合には、効果が得られるまでには半年ほどにわたって継続的に服用する必要がありますので、繰り返し大阪にあるクリニックに通うことで治療を進めていきます。

用法と用量を守ろう

大阪のクリニックでプロペシアの処方を受けることができますが、服用方法を把握しておくことが大切になります。プロペシアによるAGA治療は、1日1回までの服用とされており、1錠飲む治療法となります。効果が出るまでには継続的に服用する必要があり、自己判断で服用を止めてしまうと薄毛治療の効果が無くなってしまいます。プロペシアを服用する時間帯については定められておらず、自分の好きなタイミングで飲むことが可能ですが、同じ時間帯に継続的に服用するように心がけることが大切になります。6か月間の服用を行った結果として、薄毛を改善することができないときには大阪のクリニックで医師に相談する必要があります。男性ホルモンが原因で引き起こされている薄毛の治療薬ですので、女性の服用は禁止されています。